コースター(ボンテージさん)
コースター(ボンテージさん)

¥ 540

~ボンテージさんとは?~
anote konote(あのてこのて)で連載中の四コマ漫画、『仕事の惑星』の登場人物の一人。
http://brand-farmers.jp/blog/category/maeda/

「フライングあーと」
「フライングあーと」

¥ 32,400

安田佳生メールマガジン読者さま向け。「フライングあーと」の注文はこちらからどうぞ。

安田佳生メールマガジンで配信中の「本日の境目」。紙は和紙をセレクト。手作業で色付けされたイラストを額縁にいれてお送りします。
どの「本日の境目」を「アート」にするかはあなた次第。ただし、各作品先着1名限定です。1度作った作品は2度と作りません。

010『余命』
010『余命』

¥ 32,400

境目研究家 安田佳生の短編詩に、デザイナー蝦名龍郎氏がイラストを描く。
安田佳生メールマガジンで配信中のコンテンツがこの世で1つしかないアートになりました。

●過去に販売された商品一覧は別ショップをご覧ください。https://sakaimeart.base.ec/
●短編詩の内容は下記の通りです

●メルマガ配信日:2017年5月31日
●額縁サイズ:ヨコ38cm×タテ48cm

ーーーーーー
人生があと1日だと言われたら、
さすがに仕事はしないと思います。
でも、あと1ヶ月だったら、間違いなく仕事をするでしょう。

それも特別な仕事ではなく、
いつもと同じ仕事を淡々とこなすのです。
なぜなら仕事は人生そのものだから。
もちろん、食事も、趣味も、家族との時間も、人生そのものです。
だから仕事だけではなく、食事も、趣味も、家族との時間も、
同じように淡々と続けていくでしょう。

死ぬからといって、
いきなり美味しいものを食べるとか、
いきなり家族との会話を増やすとか、
それはとても違和感があります。
だって元々人は、死に向かって生きているのですから。

1ヶ月だろうが、1年だろうが、10年だろうが、それは同じ。
でもなかなか気がつかない。
今日を生きるということは、今日を死ぬということなのです。